第一三共の中山讓治会長兼最高経営責任者(CEO)は13日、東京都内で開催した説明会で、厚生労働省が新薬の価格を高値で維持する「新薬創出加算」を縮小する方針を示したことに対し、「明らかに(国内外の製薬企業の)投資意欲にネガティブな影響が出るだろう」との見解を示した。その上で、「長期的に世界規模で見れば日本は国民にとってイノベーティブ(革新的)な薬を提供し得ない国になりかねない」と懸念を示した。 (C)時事通信社