人口10万人当たりの各都道府県の医師数が2016年末時点で、徳島が315人と最も多かった一方、埼玉の160人が最少だったことが14日、厚生労働省の調査で分かった。全国の医師数は増えているものの、地域差は拡大している。同省の担当者は「医師の地域偏在に加え、都市部の人口増加に追い付かず格差が大きくなっているのではないか」と分析している。
 調査は2年に1回実施している。全国にいる医師数は過去最多の31万9480人で、このうち病院と診療所で勤務する医師は前回の14年時点から2.7%増の30万4759人。人口10万人当たりでは6.5人増えて240.1人だった。
 医師の割合を都道府県別で見ると、上位は徳島315.9人、京都314.9人、高知306.0人などとなった。一方、下位は埼玉160.1人、茨城180.4人、千葉189.9人の順に少なかった。 (C)時事通信社