東京や大阪などのクリニックで起きた臍帯(さいたい)血無届け投与事件で、違法投与に関与したとして、再生医療安全性確保法違反などの罪に問われた臍帯血販売会社「ビー・ビー」元代表篠崎庸雄被告(52)の判決が14日、松山地裁であった。末弘陽一裁判長は懲役2年4月、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。
 末弘裁判長は「人命・健康に重大な影響を与える恐れがあった」と指摘。「再生医療の信頼を失墜させた」と批判した。
 判決によると、同被告は昨年2月~今年4月、東京都渋谷区のクリニック院長=同法違反罪で公判中=らと共謀し、患者6人に臍帯血を無届け投与するなどした。
 また、末弘裁判長は14日、再生医療安全性確保法違反罪に問われた、臍帯血卸売会社の元代表井上美奈子被告(59)に懲役10月、執行猶予2年(求刑懲役10月)を言い渡した。 (C)時事通信社