厚生労働省は15日、母子家庭の世帯収入などに関する全国調査の結果を公表した。2015年の母子家庭の平均年収は348万円で、子どもがいる世帯の平均年収約707万円の49.2%にとどまった。
 調査はほぼ5年に1度実施。今回は地震の影響を考慮して熊本県を除き、昨年11月時点で無作為抽出した母子・父子家庭など約4000世帯を対象とした。2510世帯から有効回答を得た。
 世帯年収には、同居する祖父母らの収入も含まれる。前回調査の10年の年収291万円から増えており、同省は景気が好調で賃金が上がっていることが理由とみている。 (C)時事通信社