【ワシントン時事】米国で薬物中毒死が急増していることが米疾病対策センター(CDC)の調査で明らかになった。とりわけ医療用麻薬オピオイドによる被害が深刻で、米国人の平均寿命を縮める一因になったとみられている。
 CDCが21日公表した統計によると、2016年は約6万3600人が薬物中毒で命を落とした。人口10万人当たりの死者数は、前年の16.3人から19.8人に増加。1999年の3倍超に上った。
 このうち鎮痛剤として使われる「フェンタニル」など合成オピオイドによる中毒死は、人口10万人当たりで前年の3.1人から16年は6.2人に倍増した。専門家は米紙ワシントン・ポスト(電子版)に、統計に反映されないケースを含めれば「オピオイドによる死はピーク時のエイズより多い」との見方を示した。
 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などによると、米国では1990年代から、製薬会社の働き掛けもあって医療用麻薬が急速に普及し、医師の過剰な処方で依存症に陥る患者が増加。一方で近年、ヘロインなど違法麻薬の価格下落に加え、入手が比較的容易な非合法フェンタニルのメキシコや中国からの流入が、中毒死急増の背景にあるとみられている。
 一方、21日公表された16年の米国人の平均寿命は、男女平均で78.6歳と2年連続で短くなった。ポスト紙によれば、2年連続で縮まったのはインフルエンザが流行した1962~63年以来だ。
 死因別では、トップ2の心臓病とがんの死亡率がいずれも下がったのに対し、薬物中毒死の多くが含まれる「不慮の死」は上昇した。薬物中毒による死亡率は男性が女性の約2倍、年代別では25~54歳の層が高く、平均寿命を縮めた形だ。 (C)時事通信社