大日本住友製薬は25日、生産部門の45歳以上で勤続5年以上の社員を対象とし、11月に募集した早期退職に86人が応募したと発表した。2018年3月31日に退職する。同社はこれに関連し、特別退職金や再就職支援費用として約19億円を18年3月期決算に特別損失として計上する予定。既に業績予想に織り込んでいる。 (C)時事通信社