【ビジネスワイヤ】希少疾患治療薬開発の米エマウスライフサイエンスは、同社の鎌状赤血球症治療薬「Endari」(L-グルタミン経口粉末薬)で小児を治療するための臨床治験計画が、欧州医薬品庁(EMA)の小児委員会から受理されたと発表した。これにより、同薬の販売承認申請の手続きも可能となる。Endariは米食品医薬品局が承認済みで、成人と5歳以上の小児患者における鎌状赤血球症による急性合併症の低減が適応。(C)時事通信社