福岡県は12日、同県筑後市内の高齢者福祉施設で入所者ら計29人が発熱やせきなどの症状を訴え、うち2人が死亡したと発表した。いずれも95歳の女性入所者で、死因は肺炎だった。県は集団感染の疑いがあるとして、感染経路や原因を調べている。
 県によると、施設では4日以降、入所者28人と職員1人が発熱やせき、呼吸困難といった症状を訴え、死亡した2人を含む6人が入院。県の保健所は、施設に感染拡大の防止策を取るよう指導した。 (C)時事通信社