【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全運動財団は、第6回年次世界患者安全・科学・技術サミット(2月23~25日、ロンドン)で、ビル・クリントン元米大統領が講演すると発表した。欧州麻酔学会と共催する同サミットには、世界各国で患者安全に取り組む医療専門家などが参加する。また、同サミットでは新しい「実施可能な患者安全ソリューション」(APSS)を発表する予定で、これには、帝王切開、転倒、経鼻経管栄養チューブなどに関係する対策が盛り込まれる。(C)時事通信社