【グローブニューズワイヤ】肺癌の分子診断検査が急速に進歩していることから、米国の主要医学協会は、それを臨床医に周知させて最適な治療を行わせるためガイドラインを更新した。これら協会は米国病理学会、国際肺癌学会、分子病理学会の3つで、2013年に発表されたガイドラインを更新した。先行してオンラインリリースされた「チロシンキナーゼ阻害剤による標的治療対象の肺癌患者の選択についての更新版分子検査ガイドライン」では、標的療法・標的治療の有効なガイダンスとなる検査結果を得るための肺癌の分子分析基準を設定している。(C)時事通信社