相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害されるなどした事件から26日で1年半となるのを前に、殺人罪などで起訴された植松聖被告(28)が時事通信の取材に応じた。事件当日、神奈川県内の別の障害者施設にも「行くつもりだった」と述べ、二つの施設を立て続けに襲う計画だったことを明らかにした。殺害を正当化する主張に変化はないものの、殺害方法に関して初めて謝罪の言葉も述べた。
 植松被告は昨年12月以降、勾留先の横浜拘置支所で複数回、接見に応じた。それまでは接見を断り、手紙のやりとりのみ応じていた。
 同被告は事件5カ月前の2016年2月、勤務していた同園の同僚に「重度障害者を殺す」と発言し、退職と同時に措置入院した。この時のことを「自分の考えに自信があった」と振り返り、約2週間の入院期間中から、襲撃に向け「肉体を鍛え準備していた」と話した。
 退職直前には衆院議長公邸を訪れ、やまゆり園と同県厚木市の障害者施設の2カ所での犯行を予告する手紙を渡していた。植松被告は「やまゆり園の後に行くつもりだった」と述べ、厚木市の施設も襲撃する計画だったことを明かした。やまゆり園で拘束するつもりだった職員に逃げられたため、「警察が来ると思ったし、結構人数やれたから」と、2カ所目を断念した理由を説明した。
 植松被告は現在も「意思疎通できない人は安楽死させるべきだ」と、重度障害者殺害の正当化を続けている。ただ、刃物で刺す行為は安楽死ではないと指摘すると、「申し訳ない。他に方法が思いつかなかった」と述べ、初めて被害者に対する謝罪の言葉を口にした。
 裁判では「私が殺したのは人ではない」と、行為の正当性を主張するとした。死刑の可能性については、「(死刑判決なら)『ばか言ってんじゃねえ』と言ってやる」と顔をゆがめ、「僕の中では、懲役20年くらいかな」と語った。
 接見時の植松被告は黒のダウンコート姿。伸びた黒髪を後ろで束ね、毛先だけが金髪だった。接見室の出入り時は記者に向けて何度も頭を下げ、終始丁寧な口調で淡々と話し、時折笑顔も見せた。 (C)時事通信社