【ビジネスワイヤ】スイスのヒトタンパク質製剤大手オクタファルマは、同社の「octanate」で重度血友病Aの未治療患者を治療する臨床試験の結果が、医学誌「ヘモフィリア」に掲載されたと発表した。octanateは、ヒト血漿由来2種ウィルス不活性化FVIII(血液凝固第VIII因子)高純度濃縮製剤。試験では患者51人が、予防療法または出血時のオンデマンド療法としてoctanateの補充を受けた。止血効果は、全注入例の99.6%で優秀と判定された。octanateに対するインヒビターを発現した患者はオンデマンド療法を受けた5人のみで、忍容性は注入例の99.98%で非常に良好と判定された。(C)時事通信社