【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモは、同社の予備酸素摂量指数(ORi)技術の肥満患者における臨床的有用性を示す新研究の結果が、麻酔技術学会で報告されたと発表した。ORiは動脈血酸素分圧の相対指数。研究では米カリフォルニア大学デービス校のグループが、全身麻酔を受ける成人肥満患者のORiを同社の製品で測定。ORiの警報から酸素飽和度98%に至るまでの平均時間は33±23秒で、これを警報時間の平均延長時間として評価した。(C)時事通信社