【ビジネスワイヤ】再生細胞薬開発のサンバイオ(東京都中央区)は、神経新生促進化合物「アルジャーノン」を京都大学と共同研究するための契約を締結したと発表した。アルジャーノンは京都大学の萩原正敏教授のグループがダウン症の研究で発見。神経細胞障害で失われた運動/感覚/認知機能の再生効果が期待されている。共同研究では、脳卒中の後遺症に対するアルジャーノンの効果を評価する。京都大学が統括と薬理学的研究を、サンバイオが薬効評価を行う。(C)時事通信社