【グローブニューズワイヤ】画期的な心臓サポートテクノロジーのリーディングプロバイダーであるアビオメッドは、2018会計年度第3四半期に1億5400万ドルの売り上げを計上し、前年度同期の1億1470万ドルと比較して34%増加したと発表した。同四半期中のインペラ心臓ポンプからの全世界収入は1億4800万ドルで、前年度同期の1億0920万ドルから36%増加した。このうち米国における収入は30%増の1億3070万ドル。米国外では合計1730万ドルで、前年度比で94%増加した。主にドイツでの成長が目覚ましく、71%増の1140万ドル。日本では110万ドル(約1億2000万円)の収入を計上した。(C)時事通信社