【ビジネスワイヤ】韓国のバイオ医薬品企業ファーマブシンは、子会社が米メルクの子会社MSDと提携契約を締結したと発表した。この提携では、再発多形性膠芽腫(rGBM)と転移性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)を対象に、両社治療薬の併用療法を臨床評価する。これらの治療薬は、ファーマブシンの抗VEGFR2モノクローナル抗体「TTAC-0001」と、MSDの抗PD-1(プログラム細胞死受容体1)抗体薬「キイトルーダ」(ペムブロリズマブ)。ファーマブシンは、独自技術を活用して抗体作製サービスを提供している。(C)時事通信社