富士フイルムと武田薬品工業は8日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った心臓疾患治療製品の実用化に向け、提携すると発表した。富士フイルムの米国子会社が開発中の再生医療製品について、効能や安全性の評価を中心に共同研究を行う。中長期的には、両社による全世界での事業展開も視野に入れる。
 富士フイルム側は、心筋シートなどを念頭に、iPS細胞からつくる心疾患治療製品を広範囲に研究しており、将来の共同事業化について、武田に優先交渉権を与えた。共同研究では効率的な生産体制づくりも検討する。 (C)時事通信社