【ロンドン時事】メイ英首相は8日、首相官邸で在英日系企業幹部と会談し、欧州連合(EU)離脱によって生じる通商問題について意見を交わした。日本側は英・EU間で円滑に貿易ができる環境の維持を要請。英国側は今後の交渉を通じ、可能な限り関税や障壁がない関係の確保を目指す考えを強調した。
 離脱決定を受けて外国企業の英拠点縮小や移転が懸念される中、焦燥感に駆られた首相が直々に引き留めに乗り出した形。ただ、会合後に取材に応じた鶴岡公二駐英大使は「日本に限らず、どんな国の企業でも利益が出なければ英国では事業を継続できない」とくぎを刺した。 (C)時事通信社