学校法人日本医科大学(東京都文京区)が東京国税局の税務調査で、2017年3月期までの7年間に計約6億6000万円の申告漏れを指摘されていたことが10日、関係者への取材で分かった。すでに修正申告を済ませたとみられる。
 関係者によると、申告漏れの多くは、公益事業として申告した収入の一部について、課税対象となる収益事業と認定された。 (C)時事通信社