【クアラルンプールAFP=時事】マレーシアのマハティール元首相(92)は9日夜、入院した。マレーシア国立循環器病センターが10日、声明を出し「せきが激しく肺の感染症と診断され一般病棟で治療中だ」と明らかにした。今後数日間「治療と経過観察が必要」と診断されている。
 マハティール氏は、近く見込まれる総選挙で、野党連合の首相候補になっており、全国を遊説して回っていた。 (C)時事通信社