【ビジネスワイヤ】中国のアンパック・バイオメディカル・サイエンス・カンパニーは、同社のリキッドバイオプシー検査「がん識別分析」(CDA)の実施件数が6万件を超えたと発表した。CDA技術は、血液検査の結果分析に同社独自のアルゴリズムを適用し、26種類以上のがんを75%~90%の感度と特異度で早期検出するもので、偽陽性が少なく、低コストで、数分以内に結果が出る。上海長征医院の研究から、従来の腫瘍マーカーよりも感度と特異度が優れていることが示されている。(C)時事通信社