【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全運動財団は、ロンドンで今月24日に開催される第6回年次世界患者安全・科学・技術サミットで、不必要な帝王切開の削減について検討すると発表した。不必要な帝王切開は、子宮瘢痕破裂や出血などのリスクをもたらす。パネル討論で帝王切開削減の最優良事例について議論し、新しい「実行可能な患者安全ソリューション」を発表する予定。(C)時事通信社