がんが腹膜に転移するなどして放射線治療を行った際、小腸が硬くなり動かなくなる重い合併症「腸線維症」が起きる仕組みが解明された。千葉大や東京大、協和発酵キリン(東京都千代田区)などの研究チームが21日付の米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンに発表した。
 腸線維症には白血球の一種「好酸球」が関与しており、マウスの実験では小腸で好酸球を除去して発症を抑える効果が高い物質も見つかった。千葉大の植松智教授は「新薬につなげたい」と話している。
 小腸にある好酸球は本来、寄生虫から身を守る役割があると考えられている。だが、小腸の上皮細胞が放射線を浴びて死ぬと、エネルギー源の物質が漏れ出てその下にある筋線維芽細胞が活性化。好酸球が移動して来て筋線維芽細胞にコラーゲンを大量に作らせるため腸管が硬くなり、動かなくなることが分かった。 (C)時事通信社