カネカは22日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などの多機能性幹細胞を大量生産する方法の国内特許を取得したと発表した。東大の酒井康行教授らと共同開発し、国際出願しており、日本ではスーパー早期審査を申請して適用された。 (C)時事通信社