【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全運動財団は、第6回年次世界患者安全・科学・技術サミット(2月24日、ロンドン)の翌日に王立協会で分科会を開催すると発表した。分科会では実施可能な患者安全ソリューション(APSS)の改善について議論する。議題は、ワクチンの安全性、個人および家族の関与、転倒、手指衛生、帝王切開、敗血症、医薬品不足となる。サミットは参加登録が定員に達したが、分科会にはまだ空席がある。(C)時事通信社