政府は2日、旧優生保護法に基づき障害者らが不妊手術を強制されていた問題で、「現時点では特別立法を検討することは考えていない」とする答弁書を閣議決定した。立憲民主党の逢坂誠二衆院議員の質問主意書に答えた。
 逢坂氏は「ハンセン病問題などの前例があるように、特別立法による解決を模索すべきではないか」と指摘していた。 (C)時事通信社