血液中のビタミンD濃度が高い人は低濃度の人に比べ、がんになるリスクが19~25%低いとの調査結果を国立がん研究センターなどのチームが8日、英医学誌に発表した。ビタミンDは魚などの摂取や日光浴で得られ、研究チームは「生活習慣の改善で、がん予防が期待できる」としている。
 チームは全国8県に住む40~69歳の男女約3万4000人を、1990~2009年まで追跡。調査開始時に血液の提供を受け、うち約7000人について血中のビタミンD濃度を測定した。
 ビタミンD濃度に応じて4グループに分け、がんになるリスクをそれぞれ算出。濃度が最も低いグループに比べ、2番目のグループががんになる可能性は19%低かった。同様に3番目のグループは25%、4番目のグループは22%低かった。がんの種類別では、肝がんで明確なリスクの低下が見られた。
 研究チームによると、ビタミンDは細胞の増殖を抑える作用を持ち、がんを防ぐ可能性があるとされる。サケなどの魚やキノコ類に含まれるほか、日光を浴びることで体内で作られる。 (C)時事通信社