エーザイは8日、自社の抗がん剤「レンビマ」の共同開発・販売で米製薬大手メルクと提携すると発表した。メルクの抗がん剤「キイトルーダ」との併用療法の開発や販売促進を共同で手掛ける。2018年3月期に約300億円を見込む売上高を、20年代半ばのピーク時に5000億円に増大させることを目指す。
 レンビマは現在、甲状腺がんと一部の腎細胞がんの治療で使われているが、今後、キイトルーダとの併用で子宮内膜がんなど7種類のがんへの適応追加に向け開発を進める。 (C)時事通信社