加藤勝信厚生労働相は20日の閣議後記者会見で、日本年金機構が業務委託した都内の情報処理会社の入力ミスで、一部受給者の年金額が本来より少なくなった問題について「誠に遺憾。速やかに正しい年金額に調整するとともに、おわび状を送るよう機構に指示する」と述べた。
 この問題をめぐっては、機構が業務委託した会社が受給者の個人情報入力業務を中国の業者に再委託していたことも判明。厚労相は個人情報の流出は確認されていないとした上で「機構と会社の契約に違反する」と指摘。機構に対して業務を外部委託する際の情報セキュリティー対策など、手続きの見直しを求めることも明らかにした。 (C)時事通信社