エーザイの内藤晴夫代表執行役最高経営責任者(CEO)は29日、東京都内で記者会見し、日医工へのジェネリック(後発医薬品)事業の譲渡について、「医薬品原薬の提供や地域医療での協業なども含まれており、単なる事業売却ではない」と語った。エーザイは病気の領域ごとに患者に総合的な医療サービスを提供する基盤づくりを進めており、日医工には広範なジェネリック医薬品の提供などでパートナーとして加わってもらう。 (C)時事通信社