東京大カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、X線天文衛星「ひとみ」に搭載された超高精度の観測センサー技術を活用し、がんのもとになる「がん幹細胞」の体内分布を高精度で追跡する研究を本格化させる。2020年ごろまでに検出器を試作し、マウスなどを使った実証試験を始める。
 がん幹細胞は抵抗力が強く、手術や抗がん剤、放射線治療などでがん細胞を全滅させても生き残り、増殖して再発や転移の原因になるとされる。完全に治すには、がん幹細胞が体内のどこに、どれだけあるかを精密に検出できる方法が必要だ。
 IPMUとJAXAは昨年、宇宙科学と医学の連携研究拠点を設立。今年4月からは慶応大医学部や東大薬学部などの研究者を招き、研究開発体制を本格化させる。
 研究チームは、がん幹細胞だけに結び付き目印になる放射性同位元素と、宇宙用の超高性能センサーを利用して体内分布を追跡できる装置の開発に着手。脳腫瘍など従来の陽電子放射断層撮影(PET)では追跡が難しい部分も、0.1ミリ以下の高精度で3次元的な体内分布が分かるという。
 研究チームの佐谷秀行慶応大病院副院長は「脳腫瘍の場合、PETで見つからなくても再発することがあった。この装置なら検出が可能になる」と期待している。 (C)時事通信社