【ビジネスワイヤ】韓国のバイオ医薬品企業ファーマブシンは、同社の多形性膠芽腫治療薬「TTAC-0001」(タニビルマブ)を米食品医薬品局(FDA)が希少疾病用医薬品に指定したと発表した。TTAC-0001は抗VEGFR2モノクローナル抗体で、腫瘍血管形成の阻害薬となる。同社は、キイトルーダ(ペムブロリズマブ)との併用療法、ベバシズマブ療法後に再発した場合の単剤療法の臨床試験を準備している。(C)時事通信社