【グローブニューズワイヤ】創薬研究開発の米クラウン・バイオサイエンスは、4月14日~18日にシカゴで開催される今年の米国がん学会で、同社の科学的専門知識を紹介する。同社の科学者は、がん治療の前臨床開発に革命を起こすための最新の取り組みについて説明した12以上の科学的ポスターを発表する。また新型がん治療薬の正確な評価を可能にする新しいモデルのデータや、二重特異性T細胞エンゲージ(BiTE)、標的がん免疫療法などが発表される。(C)時事通信社