学校法人順天堂は6日、運営する順天堂医院(東京都文京区)で約50年前、新生児を取り違えた可能性が極めて高いと公式ホームページ(HP)で発表し、「関係者の皆さまに心よりおわびします」と謝罪した。一部週刊誌の報道を受け、経緯を掲載した。
 それによると、同院で約50年前に出生した当事者と母親のDNA検査を最近になって実施し、親子関係が存在しないことが判明した。調査の結果、新生児を取り違えた可能性が極めて高いと判断した。
 取り違えられた相手については、過去のカルテからある程度絞られたが、現在の平穏な生活を乱し、取り返しのつかないことになる恐れがあるとして、伝えていないという。ただ、本人や家族から問い合わせがあれば、「誠意をもって適切に対応する」としている。 (C)時事通信社