【リマAFP=時事】ペルーのフジモリ元大統領(79)は6日、病院での検査の結果、肺に腫瘍があることが分かったと明らかにした。がん治療専門病院を訪れた際、地元テレビの取材を受け「肺の一つに小さな腫瘍が見つかった。だからここへ来た」と述べた。
 フジモリ氏が医師から受けた説明によると、命の危険はないものの、4カ月ごとに検査を受けなければならない。 (C)時事通信社
〔写真説明〕