自民党が13日に開いた総務部会で、地方議員が厚生年金に加入できるようにする関連法案について、小泉進次郎筆頭副幹事長ら若手から反対論が相次いだ。党執行部は公明党などと協力し、議員立法で会期内に法案を提出したい考えだが、小泉氏らの態度は硬く、了承手続きは難航しそうだ。
 部会では、「地方議員年金検討プロジェクトチーム(PT)」の担当者が法案概要を説明。これに対し、出席した若手から「年金復活が(地方議員の)担い手不足解消につながるとは思えない」などの意見が続出した。
 小泉氏は会合後、記者団に「地方議員だけ厚生年金を復活させるというのは、国民の理解を到底得ることはできない」と指摘。PTが野党などと協議を進めていることにも触れ、「政策の意思決定プロセスに瑕疵(かし)がある」とかみついた。 (C)時事通信社