公明党の山口那津男代表は17日の記者会見で、自民党内で議論されている地方議員の厚生年金加入について「非常勤の公務員として働く以上、厚生年金に入る可能性をつくることが、活動実態に見合った今後の道だ」と述べ、理解を示した。
 山口氏は「そうした道が開ければ、地方議員として活動したいという意欲を持つ人の裾野も広がるのではないか。年金がないから(立候補は)やめておこうとならないように、仕事への意欲を高めるように検討すべきだ」と指摘した。
 一方、立憲民主党の福山哲郎幹事長は記者会見で、立憲の党内は国民の理解が得られないとして「消極的、反対の意見が多いと聞いている」と説明。反対の方向で意見集約されるとの見通しを示した。 (C)時事通信社