北九州市の「セントマザー産婦人科医院」で2016年、不妊治療を受けた30代の女性が死亡する事故があり、福岡県警は23日までに、業務上過失致死の疑いで、手術を担当した医師2人と院長を近く福岡地検小倉支部に書類送検する方針を固めた。
 捜査関係者によると、女性は同年11月、卵管の詰まりを解消するために、全身麻酔をした上で腹腔(ふくくう)鏡手術を受けたが、その後容体が急変。別の病院に搬送され、同12月に多臓器不全のため死亡した。
 県警が捜査を進めた結果、担当医らが手術の過程で卵管に空気を送り込んだことで、容体急変につながったとみられることが判明。担当医らに注意義務違反などの過失があったと判断した。 (C)時事通信社