北九州市の「セントマザー産婦人科医院」で2016年、不妊治療を受けた女性=当時(37)=が死亡した事故で、福岡県警は23日、業務上過失致死の疑いで、手術を担当した医師2人=いずれも(37)=と立ち会った院長(68)を福岡地検小倉支部に書類送検した。
 送検容疑は同年11月16日、女性の右卵管の詰まりを解消するため腹腔(ふくくう)鏡と子宮鏡の併用手術をした際、子宮内に大量の空気を注入し、同12月1日に急性循環不全のため死亡させた疑い。
 県警捜査1課によると、3人は治療中、通水による検査で詰まりの解消を確認。院長が別の手術で離れた後、医師の1人がさらに空気を注入したところ、女性の容体が急変した。同医院が事故前に数回行った同様の手術では40ミリリットルほどを注入していたが、女性には数百ミリリットルを注入していた。
 注入した医師は過失を認めた上で、「自然妊娠するため、もっと通りを良くしたいという気持ちだった」と供述。もう1人の医師は否認している。院長は容疑を一部否認した上で、「指導責任は認める」と話しているという。 (C)時事通信社