東京都が受動喫煙対策を強化する条例の骨子案を公表したことを受け、小規模飲食店やたばこ販売店、マージャン店、バー・スナックなどの業界団体は24日、都庁で小池百合子知事と面会し、「一律的、過度な規制が施行されれば、零細な事業者が廃業に追い込まれる」として反対を表明した。
 4団体が行った署名活動の結果、条例制定に慎重な議論を求める都民ら約18万2000人から賛同を得たことも伝えた。 (C)時事通信社