重い心臓病患者に他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った心臓の細胞を移植する大阪大の臨床研究計画について、厚生労働省の審議会専門部会は25日、審査を始めた。iPS細胞を使った心臓病治療の臨床研究は世界初で、認められれば年内に実施される。
 計画は阪大の澤芳樹教授らの研究チームが申請した。対象は動脈硬化などで心臓の血管が狭くなり、血液が十分届かなくなる虚血性心筋症の患者。京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)が健康な人の血液から作って備蓄しているiPS細胞の提供を受け、心筋細胞に変化させた上でシート状にして患者の心臓に移植し、安全性と効果を検証する。 (C)時事通信社