大阪府の松井一郎知事は27日、受動喫煙対策のため、国の健康増進法改正案より厳しい内容の条例制定を目指す考えを表明した。府庁で記者団の質問に答えた。誘致を目指す2025年の国際博覧会(万博)までに導入したい考え。松井氏は独自規制に否定的だったが、大阪市の吉村洋文市長が規制強化に乗り出す方針を表明したことを受け方針転換した。 (C)時事通信社