【ビジネスワイヤ】日用品大手の米プロクター&ギャンブル(P&G)は、ドイツのメルクから市販医薬品事業を買収すると発表した。店頭で一般に販売される医薬品等の事業を約34億ユーロで買収し、これまでテバファーマスーティカルとの合弁で進めてきたPGTヘルスケア事業は発展的に解消する。メルクの事業はP&Gとの相互補完性が高く、P&Gは製品範囲と営業地域を大きく拡大できる。買収対象には、筋肉痛、関節痛の医薬品など、900種類以上の製品事業がある。(C)時事通信社