【グローブニューズワイヤ】米インビボスクライブ・テクノロジーズは、成人患者におけるFLT3変異陽性(FLT3mut+)の急性骨髄性白血病(AML)の治療のためにギルテチニブを評価している第3相CL-0301アドミラル試験に基づき、日本の医薬品医療機器総合機構と米食品医薬品局(FDA)に製品登録申請を提出した。インビボスクライブはアステラス製薬と共同で、これらのFLT3mut+のAML患者を特定するために役立つコンパニオン診断を開発した。(C)時事通信社