旧優生保護法に基づき障害者らが不妊手術を強制された問題で、大阪府は14日、府内で強制不妊手術を受けた人が少なくとも619人いると発表した。個人を特定する情報は確認できなかった。
 府が1949年から80年までの強制不妊手術件数を府衛生年報で調べた。ただ、48、52、53年は資料がなく確認できなかった。 (C)時事通信社