日本小児科学会や日本感染症学会など17団体でつくる予防接種推進専門協議会は14日、おたふくかぜワクチンを早期に定期接種にするよう求める要望書を厚生労働省に提出した。
 おたふくかぜは以前、はしかと風疹との混合ワクチンが定期接種になっていたが、無菌性髄膜炎などの副作用が多発し、1993年に使用が中止された。おたふくかぜワクチンは単独で任意接種となり、接種率は3~4割にとどまる。
 協議会は近年、おたふくかぜワクチン接種後の髄膜炎の発生頻度は低下したと考えられると主張。3歳未満で接種すれば髄膜炎を併発しにくいことが知られ、1~2歳での初回接種が推奨されるようになったことが理由の一つと推測している。 (C)時事通信社