【ビジネスワイヤ】呼吸器疾患治療向けクラウド接続デバイスの米レスメドは、持続的気道陽圧(CPAP)フルフェイス・マスク向けディフューザー・ベント・エルボーの「QuietAir」を発表した。QuietAirは、同社の先行製品と比較して、ノイズを89%削減し、呼気気流を70%静寂化する。その結果、フルフェイス・マスクのノイズ・レベルは寝室の環境雑音よりはるかに低くなり、安眠に貢献する。(C)時事通信社