【グローブニューズワイヤ】神経幹細胞テクノロジーを基盤とする神経系治療の開発を専門にしているバイオ医薬品会社、ニューラルステムは、2018年3月末日までの第1四半期の財務成績を発表した。それによると、同期の営業損失は230万ドルだった。昨年同期の損失は420万ドル。営業損失の縮小は、主に同社のNSI-189の第2相試験の完了に関連する試験費用および関連費用の減少および、継続した企業再編成とコスト削減の取り組みによる人件費、設備費、および関連費用の減少によるものだった。また、同四半期における純損失は210万ドル(1株当たり0.14ドル)だった。前年同期の純損失は760万ドル(1株当たり0.68ドル)。(C)時事通信社