厚生労働省は21日、65歳以上の高齢者が支払う2018~20年度の介護保険料が、全国平均で月額5869円になるとの集計結果を発表した。15~17年度の5514円と比べて355円(6.4%)増えた。高齢化の進展に伴う介護サービス利用者の増加や、事業所に支払う報酬が今年4月から0.54%引き上げられたことが要因。
 団塊の世代が全て75歳以上になる25年度には約7200円、高齢者人口がピークを迎える40年度には約9200円に上昇するとの推計も示した。
 介護保険料は、全国1571の自治体と広域連合がそれぞれ3年ごとに改定する。集計によると、全体の78.0%が引き上げ、16.3%が据え置き、5.7%が引き下げた。
 保険料が最も高いのは福島県葛尾村の9800円、最も安いのは北海道音威子府村の3000円。
 65歳以上の高齢者は17年末時点で3475万人。そのうち要介護と要支援の認定を受けた人は18.1%に当たる629万人に上る。
 介護保険制度が始まった00~02年度の保険料の全国平均は2911円で、18~20年度は約2倍に膨張することとなる。 (C)時事通信社