厚生労働省の薬事・食品衛生審議会部会は23日、再発卵巣がんの治療薬として承認されている「オラパリブ」を遺伝性乳がんにも適用拡大することを了承した。近く正式承認される見通し。申請した英製薬大手の日本法人アストラゼネカ(大阪市)によると、遺伝性乳がんの治療薬の承認は国内で初めて。 (C)時事通信社